So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

不思議な人気値の並び(54712昨日) [WIN5]

Win5の馬券では、この人気値の並びを予想することにほかなりません。が不思議なことに2011年から現在(2017年8月)まで同じ並びが出ないのです。

下記は昨日のレース結果情報です。
20170813pv1.png
(注) 右側の値はオッズです。

この人気値の並びの周りですが、これ1回しか出現しておりません。
20170813pv21.png

56開催×約7年=392開催 約400開催で同一の人気値が未出現なわけです。

実際には2回出ている人気値も存在していますが、わずかに3回だけです。 この人気値の並びについては過去に何回かご紹介しております。

20170813pv22.png
上記の周りには沢山でています。青色が2度出現した人気値の並びです。がこの周りでは安くてとても購入する気にはなれません。


高額のWin5を狙う戦略として、まだ出ていなくて、且つ高配当が狙える位置の組み合わせを購入するのも有かなと考えられますが、いかがでしょうか?

人気値「54712」の上下左右の周りは下図のとおりです。
20170813pv23.png
これを戦略とした場合の利点は、購入点数が超少ないことです。多くても5,000円で十分でしょう。 それでいながら当たれば確実に高配当が期待できます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

宝塚記念、これで2着もないの? [WIN5]

これは宝塚記念を能力ID順に並び替えたものです。
20170625k.png
能力も人気も数値でこれだけ高いのに負けました。これでは何を根拠に勝馬を予想選択できるのでしょうか。

この表から危険度を探るとすると、人気値とオッズを比較すると全体的に低い、つまり値の差が少ないのが分かります、が、しかし、これは結果が出てから気が付くレベルで戦前に予想に考慮はできないです。

とすると、1番人気馬を選択しておいてから、更に他馬も選択しないと当てられない。とすると、1点選択レースの馬は何を根拠に選べばよいのでしょうか。
1点選択レースを作らないと軍資金が跳ね上がりますからね。

下記はキタサンブラックの今開催のローテーションです。

4月 2日 大阪杯  2,000m
4月30日 天皇賞  3,200m
6月25日 宝塚記念 2,200m

当日の新聞コラム「血統は語る」藤井正弘氏が書かれたものですが、面白いので上げます。

『大阪杯のGI昇格によって創設された「春古馬3冠」のボーナスシリーズ。3ヶ月足らずの間に超長距離のEコラム(距離2800メートル以上)を挟んで3階級のGIを走るというサバイバルレースはある意味で米3冠に近く、難度の高さも同等だろう。恐らくこの先は挑戦者が現れること自体がレアケースになると思われる。』

それでも勝つが結論でしたので、予想自体は外れですが、論理構築はなかなかですよね。

ところで、競馬素人の私が戦前にそこまで考察するのは、まず不可能でしょう。
パターンを決めて巡りを待つ、やはりこれが低資金で高配当が当たる可能性が一番高いようです。

「下手の考え休むに似たり」
とは、よい考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間の無駄だということ。 のようですな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

モチベーションの維持 [WIN5]

全開催勝負と歯抜け勝負

1開催を5,000円で勝負すると1年間では、5,000円×56開催=280,000円が必要な資金です。
そこで1開催の金額を上げて且つ年間額を同じ金額にする為には、歯抜けが必要です。

5,000円×3倍=15,000円に上げると、3開催に1回勝負する・できる勘定になります。が、56開催÷3回=18開催です。

これつまり1年間で18開催しか参戦できないのです、1開催の購入金額が3倍とは言えWin5をわずか18回で的中させることが可能でしょうか?

1開催を15,000円で勝負すると1年間では、15,000円×56開催=840,000円が必要な資金です。
1ヶ月あたりでは840,000円÷12回=70,000円です、これはきついでしょう。

Win5は資金がないと苦しいですが、資金が有ってもそれを回収するには1千万円(10,000,000)以上の配当がないと真っ赤赤です、ただの的中自慢で終わってしまいます。

と言うことは低資金でこつこつと気長にやるのが利益を出す為の必要十分条件のようです。

Win5で利益を出すのは、なかなか厄介・難しい・煩わしさ・困難がある・面倒くささ・煩雑・繁雑・デリケート・等々...当てるだけでも難しいのに更に色々な兼ね合いが必要であり簡単ではないのです。

と言うことは私が選択した戦略は儲けるためには正解、間違いではないようです。つまり少額(5,000円)で毎開催(56開催)を気長に焦らずにこつこつとです。

モチベーションを維持するためには、このような再確認・状況調べをするのも重要な作業のようです。
何しろあれからだいぶ期間が経過しておりますから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

パターン崩し(崩れ) [WIN5]

パターン戦略の新たな構想をご紹介します。

パターンマッチングの基本は固定値を作成しておいて、それが嵌るのを待つのですが、もっと融通をきかせようと言う戦略です。

その融通戦略として動的パターンマッチングをご紹介しましたが、これはなかなか難しいものがあります。 何故かと言いますと結局のところは全て自分で予想する必要がある為、穴馬の選択ができなかったりします。

その解決策のひとつとして、あるパターンを決めておいてそのパターンを変化させるものです。

名付けて「パターン崩し(崩れ)」です。

この「パターン崩し」戦略は、静的パターンマッチングと動的パターンマッチングを組み合わせたものです。

では、その概要を「1-234-穴」パターンを使って説明します。

この戦略の基本は静的パターンマッチングです。そして名称どおりそのパターンを崩すことで動的パターンマッチングに変貌させます。

どう崩すか? これがこの戦略の肝ですが、色々な崩しかたがありますので例としてはひとつだけ説明しますのでこれを参考にして色々な方法を考えてください。

「1-234-穴」パターンの基本は、
 1
 234
 234
 234
 567 を選択することです。

そこで「パターン崩し」の例として2017年2月19日のWin5の人気値は下図の通りでした。
20170219d1.png

しかしこの固定パターンでは的中しませんから、
20170219d2.png
「パターン崩し(崩れ)」をおこない、3レース目を「3・4・5」を選択すると、
20170219d3.png
上図となり的中です。

この例ひとつのみだと良さ・利点が分からないかもしれませんが、最大の利点は固定パターンでの選択ではないので全開催を購入する必要がないことです。
静的パターンマッチングではないので、歯抜け参戦が可能になるのです。

実践でよくあるのが1番人気を2レース選択したい場合が結構ありますから、その場合には、
 1
 123
 234
 234
 567 と選択することができます。

二つ目の利点は、分からない、予想できない場合には、パターン値をそのまま使えばよいことです。 Win5は成行きにまかせるのも重要な戦略のうちでしょう、考察だけでは安い配当額のときしか的中しませんから。

説明は以上ですが、別のパターンをベースにすると更にバリエーションが広がってゆきますので、使える戦略を構築できるのではないでしょうか。

最後に下図は先週のヴィクトリアマイルの人気値ですが、
20170219d4.png
これ「1-234-穴パターン」の「パターン崩し」で的中ですから。
 1
 8 9 10 (穴)
 2 3 4
 2 3 4
 5 6 7  (穴) を選択すると、
20170219d5.png
結構頼りがいがあるパターン「1-234-穴」とパターン崩しでしょ。

それからもっと資金が有り実践で購入するとすると、
20170219d6.png
上図のような選択肢ではないでしょうかね? 何しろ4・5レースの1番人気は消せないでしょうから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

来週は安い配当額の日でしょうかね? [WIN5]

来週(4月16日)のWin5は安い配当額の日でしょうかね?

今年(2017年)のWin5の配当額を眺めていると一回りして、また最初から繰り返しそうな流れに見えるのですが、どうでしょうか。

3/26(高)   72,958,200円
4/ 2(安)      179,020円
4/ 9(高)   38,939,010円
4/16(安)    ?円
4/23(高)    ?円

もし16日の配当額が安かったら、23日が8桁配当の狙い日になりますぞ!

何しろ今年のキーワードは今のところ「分かりやすい」ですから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

桜花賞の異常なオッズの変動 [WIN5]

桜花賞は絶対に勝つと予想されていたソウルスターリングが負けましたが、G1の人気値(単勝)は前売りのオッズが反映されるために変動がない(少ない)のが普通です。

下図は4月2日の大阪杯のものです。
20170409ap1.png

次に桜花賞ですが、下図のとおりです。右から人気値順に並び替えています。
20170409ap2.png

赤色の並んでいるところは10:30のオッズ値ですが、人気値と比較して差が大きい場合に赤で表示させております。

これ複勝ではなく単勝ですからね。つまり何らかの情報が流れてソウルスターリングは危ないぞ、と言うことで勝馬探しをしていることの表れでしょうか。

私も長いことやっておりますがこんな表を見たのは初めてでした。

最後に数値の説明を書いておきます。上から、
 馬番
 能力ID
 単勝(人気値)
 10:30のオッズ
 断層(人気値で計算)
 オッズの人気順
 1・2・3着の馬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

分かりやすい流れは終わりました [WIN5]

1/ 5(安)      23,510円
1/ 8(高)   71,336,440円
1/15(安)   積雪の影響で中止
1/22(高)   26,771,430円
1/29(安)      54,830円
2/ 5(高)   74,022,700円
2/12(安)     365,970円
2/19(高)    3,986,970円 ┓
2/26(高)    5,723,200円 ┃ ←3つで1千万円超え
3/ 5(高?)    1,330,290円 ┛
3/12(安)     313,110円
3/19(安)     442,210円 ←順番では(高い)でしたが、低配当でした。

と言うことで配当額の分かり易い流れは終了したようです。

別のデータからも終了が見て取れます。
20170319k.png
上図のとおりこれまでは1~7番人気を選択していれば的中でしたが、今開催で9番人気が出現しましたので流れが変わったのを確認できます。

と言うことでこのネタもこれで終了です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

またしても配当額、当たり~(1-234-穴) [WIN5]

これべつに予想しているわけではありません、今年の配当額の推移を見て判断しているだけですから。

1/ 5(安)      23,510円
1/ 8(高)   71,336,440円
1/15(安)   積雪の影響で中止
1/22(高)   26,771,430円
1/29(安)      54,830円
2/ 5(高)   74,022,700円
2/12(安)     365,970円
2/19(高)    3,986,970円 ┓
2/26(高)    5,723,200円 ┃ ←3つで1千万円超え
3/ 5(高?)    1,330,290円 ┛

3/12(安)     313,110円 ←予想のとおり安い配当でした。


と言うことは次開催(3月19日)は百万円台なのか1千万円台なのかまでは分かりませんが、お待ちかねの高配当の番ですな!

まだまだ、分かりやすい流れが継続するのでしょうか、ですが、これ途切れるまで狙わずにどうするです。
しかしまあWin5の配当金額を当てても払戻し金は発生致しませんが、しかし、これはこれで面白いでしょ。

--------------------
今回もおまけです。
3週連続の『1-234-穴パターン』でした。
20170312k.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

なんとも百万円台の配当でした(1-234-穴) [WIN5]

先週の日曜日に書いたブログ記事どおり、なんとまあドンピシャ百万円台の配当でした。

『 まあ今年は分かりやすいこと、先週の結果から流れが変わる可能性も十分に予想可能でしたからね。

しかし次開催はどうなるでしょうか? 分かりやすいとするならば2開催の配当金額を足してもまだ1千万以下ですので、又、百万円台の配当でしょうか。 』

1/ 5(安)      23,510円
1/ 8(高)   71,336,440円
1/15(安)   積雪の影響で中止
1/22(高)   26,771,430円
1/29(安)      54,830円
2/ 5(高)   74,022,700円
2/12(安)     365,970円
2/19(高)    3,986,970円
2/26(高)    5,723,200円 ←順番では(安い)でしたが、高配当でした。

3/ 5(高?)    1,330,290円 高配当と言えるのか? 超微妙な金額ですが。


さてさて、では次開催はどうなるでしょうか? 分かりやすいとするならば、3開催の配当金額を足すと何とか1千万を超しましたからね! 10万円以下の配当でしょうか。

もしもそうならば、次の高配当は2週間後の3月19日と言うことになりますがな。 しかしまあWin5をこんなに気長にやっているのは私ぐらいなものでしょうかね。


--------------------
おまけ
2週連続の『1-234-穴パターン』でした。
20170305k.png
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

動的パターンマッチング [WIN5]

これまでは静的パターンマッチングを色々な角度からご紹介しておりましたが、視点を180度変えると動的パターンマッチングに辿り着きます。

【 動的(ダイナミック)とは、状態や構成が状況に応じて変化したり状況に合わせて選択できたりする柔軟性を持っていること。対義語は静的(スタティック)。 】

もう少し説明しますと、これまでは先にパターンを決めてそれが嵌るのを待つ作戦でしたが、これはこちらから嵌るパターンを積極的に探る戦略です。
つまりこれまでとは真逆で最初にパターン自体を予想すると言う大胆な戦略が動的パターンマッチングなのです。

Win5ではそうそう的中するものではありません、この1回の的中が難しいのですが、それならばもっと攻めの戦略を使った動的なパターンマッチング戦略が面白くないでしょうか。

つまりこれまでは難しい、無理だ、出来ないと考えてきた方法に敢えて挑戦する戦略です。そもそも馬券とは予想して購入するのが本来の正当なやり方であるのを再認識したわけです。


しかし予想するとは言え普通に漠然とおこなっても駄目である。その為の新たなパターンを考察して作成する必要があります。


その概要をほんの少しだけお見せしますが、ここが肝ですから。


全部が固定のWin0ではなく予想により動的選択とするパターンであり、その為の部品の作成です。
つまり実質上は固定選択(Win0)と言えるように配慮したパターン戦略です。


その基本はWin5での全レースの傾向を下記のように考えることでパターン化します。


●部品の作成:

パターンを構成する部品を人気値をベースにして下記のとおり作成する。基本は最大3頭選択とする。

No   部品          人気値     備考
1    M (Most popular)  1番      1番人気1頭選択
2    P (Popular)      1・2番    上位人気2頭選択
3    U (Unpopular)    3・4・5番  不人気どころ3頭選択
4    D (Dark horse)   穴・穴・穴   穴馬3頭選択
5    J (Jackpot)     大穴      大穴馬(UorDに追加する形とする)
7    I (Irregular)     1・3番など  連続の馬番としない

「M」は、1番人気馬を選択する。
「P」は、人気の1・2番人気馬を選択する。
「U」は、不人気どころの3・4・5番人気馬を選択する。
「D」は、穴馬(6番人気以下から(昇順6・7・8or降順9・8・7))を選択する。
「J」は、大穴馬(2桁人気)を選択する。
「S」は、シンプル戦略の値を選択する。
「I」は、上記以外の組み合わせの値を選択する(1・穴など変則選択)。


●テンプレート:

各レースに部品をテンプレートに配置することで半自動に買目が決定される。

レース  テンプレート  人気値    備考
1     部品      買目が決定  部品ひとつではなくPJの組み合わせとか、
2     部品      買目が決定  Pは1・3番、Uは3・4・5番に固執せず
3     部品      買目が決定  2・3・4番を選択するなど柔軟に選択
4     部品      買目が決定  する。
5     部品      買目が決定  

どうやって部品を選択するかですが、それは好きなようにすれば良いです。全5レースを比較して入れ替えたりしていきます。
各レースごとの予想ではなく、あくまでも全5レースを見て選択するのが本Win5戦略です。だって各レース単独の予想では全部を当てられないんでしょう?

【 肝はレース予想ではなくWin5予想をおこなうことですから、ここが重要な点です。 】

   と言うぐあいに戦略(買目を決定)を構築してゆきます。


これは究極の5重勝単勝式パターン戦略です。【 今開催レースのパターン自体を予想する戦略なのですから。 】


この動的パターンマッチング戦略はまだまだ未完成ですが、上記の説明はその肝の部分ですので、実践を通して試行錯誤しながら的中に向けて完成度を高めていくだけです。

現状での問題点としては選択肢が多いことがあげられるので、購入金額を減らす為の戦略を模索する必要があります。
5,000円以内に収めるのは、なかなか難しい部分があります。が、戦略としてはとても魅力的な構想ですからね。

凄く良い点は全ての開催を購入する必要がないことです。
日曜日に仕事とか、平日開催で購入できないとか、予想がまとまらない時や配当が安いと思われる時にはパスして、高配当が見込める場合にはドーンと勝負できることでしょうか。
つまり1開催で多点購入しても全体(年間の総額)としての購入金額を減らすことが可能になります。

最初に上限の金額(144点など)を決めておいて買い目を決定してゆくとまとまり易いようです。でないと選択肢が限りなく増えていきますから。 そうなるともはや予想ではなくなり欲目の大放出状態になります。
抑え、我慢は勝つための必須条件ですし、焦りは厳禁です。

それから「(来る)かもしれない」ではなく「来たら仕方ない」と考えるのが重要です。又、配当金額の範囲を決めればおのずと選択肢が狭まっていきますから。 10万円のWin5馬券を当てても意味がないですよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

本年も出た1-234-穴と反省会 [WIN5]

昨年(11月24日)に『 1-234-穴のパターン出現数 』をご紹介しましたが、今年も出ましたね。 しかも高配当です( 5,723,200円 )。
20170226k1.png

これシンプルなパターンですが、予想がなかなか厄介です。
20170226k2.png
今開催のWin5で、小倉11レースの1番人気を他の4レースを差し置いて選択できるのでしょうか?
なにしろ全5レースの中で一番高い単勝額の馬でした。

1レース:テイエムジンソク    2.0
2レース:アトランタ        2.6
3レース:サンデーウィザード  3.5 ←
4レース:シュウジ        1.6
5レース:アンビシャス      2.3

パターンマッチング戦略も予想を絡めると更に複雑度が上がる分けです。
どうするかの方法論については省略しますが、外れた場合にその理由・原因を考察する反省会をおこなうのも重要なのではないでしょうか。


「安い・高い」の順番は途切れました。
1/ 5(安)      23,510円
1/ 8(高)   71,336,440円
1/15(安)   積雪の影響で中止
1/22(高)   26,771,430円
1/29(安)      54,830円
2/ 5(高)   74,022,700円
2/12(安)     365,970円
2/19(高)    3,986,970円
2/26(高)    5,723,200円 ←順番では(安い)でしたが、高配当でした。

まあ今年は分かりやすいこと、先週の結果から流れが変わる可能性も十分に予想可能でしたからね。

しかし次開催はどうなるでしょうか? 分かりやすいとするならば2開催の配当金額を足してもまだ1千万以下ですので、又、百万円台の配当でしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

想定よりも低いが高配当でした [WIN5]

今開催の配当額は「安い・高い」の順番どおり高い配当でした。が想定よりも1桁低い配当でした。

1/ 5(安)      23,510円
1/ 8(高)   71,336,440円
1/15(安)   積雪の影響で中止
1/22(高)   26,771,430円
1/29(安)      54,830円
2/ 5(高)   74,022,700円
2/12(安)     365,970円
2/19(高)    3,986,970円
2/26(安)?

次開催(2/26)は安い順番ですがどうなりますか? 1桁低い配当でしたので流れが変わる可能性も考えられます。


さて、
これは余禄ですが、144点(14,400円)買えば当たるかなの予想をしているのですが、今開催はハハなんと(Win4)を達成してしまいました。

20170219k1.png
点数が144点よりも少ないのは、もう1点購入すると144点を超えてしまうのでこの金額です。

1レース目を1番人気の1点にしたのは、今開催で唯一の単勝200円の馬だったからですが、やはりWin5ではこおゆう馬は消さないとだめですね。

20170219k2.png
上図のように5万円購入すれば的中ですが、このぐらい買うのが普通なのでしょうかね?

スポニチの土曜日の記事担当は「4,432万円男じゃい」のじゃい氏ですが、的中させたときの購入金額は6万円ですからね。
しかしそれだけ買えば当たるでしょう、問題はいったいどれだけの負け金額を使っているのかでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

パターンマッチングは理論です [WIN5]

現在の予想家達が書かれている競馬予想がありますが、結果だけの提示でその方法論について記述しているものはないようですから、ここのブログは画期的と言えます。

それに世の中には完成した馬券理論などはまだ存在しておりませんよね!
【 西田式・V字曲線・オッズ理論・日刊指数、...等々 】

パターンマッチングは理論です、方法論です、考察です、思惑ではありません、予想ではありません。
実際にこの方法論を実践して的中した高配当のWin5馬券もお見せしているのですから。

Win5馬券はなかなか当たらないけど、その1回で利益を出せるんです。だからこそ骨を折って苦労しながらも継続しているのです。

これが他の馬券だったら頻繁に当たるけど利益などでませんから。したがって他の馬券は利益ではなく的中快感を味わう為の馬券ですよ。

この快感ですが、最初のうちは1万円の配当でも満足しますが、だんだんと麻痺してきて不満足になり10万円の配当でないと快感を得られなくなってきます。
次は100万円の配当に進んでいきますから。

とわ言えこの感覚は私だけかもしれません、競馬が終わって飲み屋で自慢話をするには1万円の配当で十分なのでしょうから。
これが1年間の的中がゼロだったとしたら、おまえね~...などと、自慢話どころか説教されそうです。


前振りはこれで終わりにして、次のブログ記事で新パターンマッチング戦略構想を紹介する予定でおります。

2月12日のブログに余禄として書いた、『 144点(14,400円)買えば当たるかなの予想をしているのですが、ハハなんと的中してしまいました。 』
は、この新パターンマッチング戦略を使った産物でした。


--------------------
これ画期的な戦略ですよ。
--------------------
今までとは180度も視点を変えた究極の5重勝単勝式パターン戦略です。

では次のアップまで今しばらくお待ちください。 あ、誰も待っていないか、なにしろ孤独のブログですからなぁ~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ブログ予想通りの安い配当でした [WIN5]

先週のブログ記事で想定したとおりの安い配当でした。
20170212k.png
オッズでは1番人気がないですが人気値では2頭も勝っております、したがって1番人気の勝ちパターンは継続中ということになります。

それから来週は高配当の順番となりますので楽しみです。これは途切れるまで狙わないと意味がないでしょう。


これは余禄ですが、144点(14,400円)買えば当たるかなの予想をしているのですが、ハハなんと的中してしまいました。
20170212h.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

久しぶりに1番人気が消えました [WIN5]

超人気の1番人気が消えるときに勝つのは2番人気が多いのですが、1番人気は2着でしたので消えたのではなく負けたわけです。
勝ったのは1レースが4番人気で4レースが6番人気でした。

5レース東京新聞杯は危ない1番人気でしたからか3着でした。
20170205k1.png
上図のとおり5レース以外の2着には人気馬が来ております。

しかし3レースの16番人気は予想では買えないでしょう。

今年のWin5の勝馬の人気値は下図のとおりですが、
20170205k2.png
まだ1番人気の勝ちパターンが継続するならば来週はまたまた1番人気がどこかのレースで絡むことになりますが、こればかりは結果が出ないと分からない未来予想ですからね。

これまでのところですが、去年とは打って変わって高配当の連続です。
1/ 5      23,510円
1/ 8   71,336,440円
1/15   積雪の影響で中止
1/22   26,771,430円
1/29      54,830円
2/ 5   74,022,700円

まだ6開催ですが、安い・高い・安い・高い・安い・高い、なので次開催の2/12は安い配当の順番ですがどうなりますか?

まあ今回は分かりやすいくだらない記事ですが、案外心理を得ていたりするものですからね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

残念、最後もお安い配当でした [WIN5]

これは想定しておりました( 前回のブログ記事は私の願望を書いたのです、ハハ )ので、その情報をお見せしたいと思います。

さて今年(2016年)の開催で1番人気が絡まなかったのはわずか【7開催】だけです。

20161225r1.png
上図は後半の15開催の人気値です、ご覧のとおり1番人気絡みばかりですし、しかもふたレース以上で1番人気馬が勝っております。これでは配当が安いわけです。

さてこれは来年も続くのでしょうか? 続くならばいつまででしょうか?
神のみぞしるところですが、これどこかで切り替わるのも事実ですので、それまでは現状維持と考えれば良いのではないでしょうかね。

変化してから対応する以外には対応方法はないでしょう。 統計情報は願望では変えることには影響しないようですから。

1番人気がこれだけ勝っているのにそれでも【7桁】配当が半分ですからWin5って難しいんですね。

10月02日 (42)  3,520,050円 [ 5 7 3 5 2 ] 1番人気絡まず
10月09日 (43)  4,602,470円 [ 1 5 8 13 1 ]
10月10日 (44)  1,930,200円
10月16日 (45)    70,240円
10月23日 (46)  3,042,210円
10月30日 (47)   882,410円
11月06日 (48)   303,890円
11月13日 (49)  1,127,410円
11月20日 (50)  4,379,490円
11月27日 (51)  3,255,910円 [ 9 5 1 1 1 ]
12月04日 (52)  5,254,680円 [ 12 5 2 6 5 ] 1番人気絡まず
12月11日 (53)    19,560円
12月18日 (54)   575,670円
12月23日 (55)   168,370円
12月25日 (56)   783,040円

それから[783,040円]を高配当だなどとは言いませんから、これはWin5では低配当に属しますから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

数合わせのWin5開催 [WIN5]

2013年からWin5は年間56開催おこなうようになったようです。 こんな年末の平日開催では購入できる方も少ない (発売金額 425,082,300円) でしょうにね。

荒れたのは(阪神10 クリスマスキャロル賞)だけでした。
スポニチ記者のWin5予想は全員がこの3レース目だけ外れですのでもっと配当がつきそうなものですが、配当額は168,370円と超低配当でした。

20161223k3.png
上図のとおり馬番14 アキトクレッセントの単勝を沢山購入している方が存在していますのでWin5でもご購入された方が大勢いたわけです。

さて12月に入ってのWin5は、
 12月11日   19,560円
 12月18日  575,670円
 12月23日  168,370円
と低配当が3開催も続きましたので、今年最後の有馬記念の開催では当然【 7桁 】以上の配当額にならないと辻褄が合わなくなります。

不思議なのですが私がブログ記事を更新するとだいたいそのとおりの結果になっていますので明後日の日曜日が大変楽しみになってきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

スポニチの記者、高額Win5達成 [WIN5]

スポーツニッポンの競馬記者の万哲氏が高額配当のWin5を的中させたようです。私の記憶だと過去に安い6桁配当があったような気がしますが、高額配当は今開催が初だと思います。

そこで何をしたいかと言いますと、考察と言うか評価と言うか論評と言うか、そんなものを書いてみたいと思います。

万哲氏の今開催のWin5購入は、1レース[7][12][14][16]、2レース[8][9][10]、3レース[3][12]、4レース[8][9]、5レース[6][7][13]の合計144点、14,400円です。

過去のWin5開催数は、
2011年が、37開催
2012年が、54開催
2013年が、56開催
2014年が、56開催
2015年が、56開催
2016年が、52開催目に的中、合計開催数は311開催です。

つまり「311回」の購入で的中させたわけです、プロでもそれだけかかる難しい馬券と言えるわけですが、流石ですねとも言えます。

さてそこで収支決算をおこなってみたいと思います(これが今回のテーマ)。

311開催×14,400円=4,478,400円

5,254,680円(配当)-4,478,400円(これまでの購入金額)=776,280円が利益です。

「5百万円」の高額配当なのに利益はたったの「80万円」ですか、安すぎでしょこれ。6年間での金額ですからね。それでも利益が出ているのは流石と称えるべきでしょうか。


年間の馬券額を計算してみると、
56催数×14,400円=806,400円ですので、1ヶ月あたり67,200円です。この金額では出せないでしょう。

もっとも実際には馬券未購入の誌上予想だけでしょうから、何点だろうが購入可能なわけです。
私のように利益を出すにはどうすればいいのかを研究しているのとは別次元の世界の話しでした。

しかしこの宣伝でWin5も当たるんだと思いなおす方が増えてくれると当然ですが配当額が上がりますので結構な話ですよね。

--------------------
それからひとつ重要なことを忘れておりました、競馬の高額払戻金には所得税が掛かるんです。 当然ですがご存知ですよね。

「一時所得」の確定申告での計算式は下記のとおりです。

収入金額 - 経費 = 差引金額
差引金額 - 特別控除額 = 一時所得の金額

これに5,254,680円を当てはめて計算しますと、

収入金額=5,254,680円   経費=14,400円(馬券代です)
5,254,680円 -  14,400円 = 5,240,280円
5,240,280円 - 500,000円 = 4,740,280円 が一時所得の金額で

譲渡所得(今回は0円)と一時所得の合計額の半分
4,740,280円 ÷ 2 = 2,370,140円 が税金対象額です。


現実には仕事の収入もあるので(収入+税金対象額)になりますが、今回は収入はゼロ円として所得税を計算してみましょう。

300万円以下ですので税率は5%ですが、収入を加えて300万円以下はあり得ないので10%で計算しますと、
2,370,140円(税金対象) × 0.01(税率) = 237,014円(税金)

ですので、実際の利益を計算すると、
776,280円(利益) - 237,014円(税金) = 539,266円(利益はありますね、寂しいですが)


ちなみに、収入を得るために支出した金額、つまり
経費=14,400円(馬券代)ですが、これまでの購入金額4,478,400円は経費として乗せられないのですよ、はい!

それはお遊びで使ったお金ですと言うのが国税局の見解のようです。つまり、負けるとお遊びで勝つと収入になるのです。 あなたは納得されますでしょうか?



今年(2016年)の初めごろでしたか、
馬券で5億7000万円の利益を得た男性に2億円を追徴課税していた。という記事がありましたが。

この男性は6年間に72億7000万円の馬券を購入していたそうで、これを経費として認めるように裁判をしていたわけです。

どうやらこの案件に関してのみは経費として認められたようです(一時所得ではなく雑所得と認定されたようです)。 しかし、まともに考えれば一時所得の経費として計上できるのが当然だと思いますが、どう思われますでしょうか?


それからスポニチの記事には税金の話題は全く出てきませんが何故なんでしょうか?
まあ~、237,014円(税金)では話す必要もないかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

馬券50万円以下なら確定申告は不要 [WIN5]

ある意味で関係者で馬券で大きな利益を上げてそれで生活している方も存在しているようですね、勿論しっかりと確定申告しているはずですから何の問題もありません。

しかし一般の方がWin5で高額配当を得た場合には? 確定申告しているのでしょうか。これは他人さまの話なので私にはどうでもよいことです。

今回はブログ記事のタイトル「50万以下なら申告不要」について講釈したいと思います。


さて何故不要なのかですが、それは申告の計算方法がそうなっているからです。

まず、一時所得とは、賞金や懸賞金、競馬や競輪の払戻金などです。

したがって馬券の払戻金は「一時所得」扱いですので、通常の収入と違って優遇措置がありそれで計算すると不要となる。 もっと分かりやすく書くと「0円」になるからです。


「一時所得」の確定申告での計算式は下記のとおりです。

一時所得の収入金額 - 収入を得るために支出した金額 = 差引金額
差引金額 - 特別控除額 = 一時所得の金額(50万円以下か)

これに50万円を当てはめて計算しますと、

一時所得の収入金額 = 50万円
収入を得るために支出した金額 = 2万円(馬券代です)

500,000円 - 20,000円 = 480,000円
480,000円 - 480,000円 = 0円 が一時所得の金額ですので不要ですね。


ちなみに100万円だと、
1,000,000円 - 20,000円 = 980,000円
980,000円 - 500,000円 = 480,000円 が一時所得の金額で

譲渡所得(今回は0円)と一時所得の合計額の半分
480,000円 ÷ 2 = 240,000円 が税金対象額です。

と言うわけで100万円の場合だと不要ではありませんが、どうしましょうか。


もっと簡単にひと言でいうと『「特別控除額」が「50万円」なので50万円以下なら確定申告は不要です』と言うことです。


これで申告されていない方も少し安心されたかな。
まぁ~普通の馬券で20万円ぐらいの配当を得たとしても税金の対象にもならないと言うことです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

1-234-穴のパターン出現数 [WIN5]

前回のブログ記事「全部予想でWin5を取れるのでしょうか」であるパターンをご紹介しましたが、どのくらい出ているのかを調べてみました。

1    1番人気
234  1番人気は負けるが勝つのは人気どころ
234  
234  
穴穴穴  勝つのは穴馬

全5レースを上記に振り分けます、これはご自分の予想になりますが、得意なんですよね。

さてそれでは現時点の2016年の情報をご紹介します、7開催に1回(2ヶ月に1回)程度は出現しております。
1-234-ac.png
先週のマイルチャンピオンシップ(11月20日)の開催がまさにこのパターンで決まりました。 (毎度のことですがブログを上げるタイミングが好すぎますね)

ご覧のとおり沢山出ておりますし、100・200万円の配当などは簡単に達成できますどころか、500万円もあります。 恐るべしパターン戦略でしょうか。

競馬予想(レース予想)でWin5を当てようとしている方達には、本当にうってつけのパターンとも言えそうです。


--------------------
ゾロ目、ちょうどマイルCSの開催がそれです。ご覧のとおり2つのレースで同じ人気値です。
これ去年に考えついたのですが、残り3レースの選択が難しくて構想がまとまりませんでした。何故難しいかと言うと選択肢の幅が広いからです、1番人気~16番人気までの全部が対象になるからです。

その解決策(選択肢を減らす)方法が見つかり戦略を作り上げたところでした。いつでもやれる状態だったのですが、ポーンと出現してしまいました。

まあこれは少し様子を見てから使うか止めるかを判断しましょう。それからこれの詳細を説明する用意はございませんので悪しからず。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。