So-net無料ブログ作成

馬券50万円以下なら確定申告は不要 [WIN5]

ある意味で関係者で馬券で大きな利益を上げてそれで生活している方も存在しているようですね、勿論しっかりと確定申告しているはずですから何の問題もありません。

しかし一般の方がWin5で高額配当を得た場合には? 確定申告しているのでしょうか。これは他人さまの話なので私にはどうでもよいことです。

今回はブログ記事のタイトル「50万以下なら申告不要」について講釈したいと思います。


さて何故不要なのかですが、それは申告の計算方法がそうなっているからです。

まず、一時所得とは、賞金や懸賞金、競馬や競輪の払戻金などです。

したがって馬券の払戻金は「一時所得」扱いですので、通常の収入と違って優遇措置がありそれで計算すると不要となる。 もっと分かりやすく書くと「0円」になるからです。


「一時所得」の確定申告での計算式は下記のとおりです。

一時所得の収入金額 - 収入を得るために支出した金額 = 差引金額
差引金額 - 特別控除額 = 一時所得の金額(50万円以下か)

これに50万円を当てはめて計算しますと、

一時所得の収入金額 = 50万円
収入を得るために支出した金額 = 2万円(馬券代です)

500,000円 - 20,000円 = 480,000円
480,000円 - 480,000円 = 0円 が一時所得の金額ですので不要ですね。


ちなみに100万円だと、
1,000,000円 - 20,000円 = 980,000円
980,000円 - 500,000円 = 480,000円 が一時所得の金額で

譲渡所得(今回は0円)と一時所得の合計額の半分
480,000円 ÷ 2 = 240,000円 が税金対象額です。

と言うわけで100万円の場合だと不要ではありませんが、どうしましょうか。


もっと簡単にひと言でいうと『「特別控除額」が「50万円」なので50万円以下なら確定申告は不要です』と言うことです。


これで申告されていない方も少し安心されたかな。
まぁ~普通の馬券で20万円ぐらいの配当を得たとしても税金の対象にもならないと言うことです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。